• サイトトップへ
  • 実家のたたみ方® <相続手続、名義変更業務><財産管理・処分、遺産整理業務>
  • 実家のたたみ方® <手続き事例>
  • 相続・遺言
  • 不動産 名義変更・登記
  • 家づくりのいろは
  • 住宅ローン・借り換え
  • 会社・法人登記
  • 成年後見
  • 料金一覧
  • 事務所概要
  • 事務所アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • リンク
  • 渋谷にて、地方にある不動産の相続や処分についてのお手伝いをする司法書士のブログです。
  • ☆★地方の専門家募集★☆
    当事務所が受託した地方の案件につき、現地で調査、測量、農地法の手続きをお手伝いいただける司法書士、土地家屋調査士、行政書士の先生を募集しております。
    お問い合わせフォームよりお申し込みください。

  • お問い合わせフォームへ
メール無料相談

リーガルアクセス:事務所概要

リーガルアクセス司法書士事務所について

事務所は渋谷駅から徒歩5分の便利な場所にあります。
事務所名である「リーガルアクセス」とは、皆様にとって当事務所が法律(リーガル)へつながる手段(アクセス)であってほしいとの思いから考えた言葉です。

当事務所では「地方・田舎の不動産に関する相続・売買・贈与等のお手伝い」や遺言、成年後見、遺言執行、信託など「財産管理・承継に関するお手伝い」を主要業務に掲げ、他の士業などとも連携しながら皆様のお悩みを解決できるようサポートさせていただきます。
小さい事務所ならではのフットワークの良さを感じていただけるものと思いますので、ご相談はお気軽に「お問い合わせ」ページからお申し込みください。

【所属団体等】
  • 東京司法書士会所属 第4799号
  • 簡裁訴訟代理関係業務認定 第701071号
  • 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート 会員
  • 一般社団法人日本財産管理協会 会員
  • NPO法人ふるさと回帰支援センター (個人会員)
メディア掲載
2017.01.05
【新聞】夕刊フジ『住まいの処方銭』の記事で紹介されました。
2015.10.25
【新聞】日経ヴェリタス『実家が空き家、売却に無念の税金』の記事に取材協力させていただきました。
2015.09.09
【新聞】夕刊フジ『住まいの処方銭』の記事で成年後見と実家に関するコメントが紹介されました。
2015.08.05
【雑誌】明日の友「よろず相談室」のページで読者の方からのご質問に回答させていただきました。
2015.06.22
【書籍】親の家のたたみ方(講談社+α新書)で当事務所が紹介されました。
2015.04.21
【雑誌】日経マネー6月号「今すぐ考える実家の空き家対策」の記事でコメントが紹介されました。
2015.03.27
【WEB】ダイヤモンドオンライン「人生をダメにする相続トラブルの実態と対策」の記事でコメントが紹介されました。
2014.09.10
【雑誌】週刊文春「「空き家」になった実家を始末する5つの方法」の記事で紹介されました。
2014.09.08
【雑誌】週刊現代「親の家を片付ける」の特集記事でコメントが紹介されました。
2014.08.12
【新聞】日本経済新聞夕刊「実家 相続したけれど…」の記事でコメントが紹介されました。
2014.08.07
【新聞】夕刊フジ『住まいの処方銭』の記事で紹介されました。
2013.08.05
【新聞】夕刊フジ『住まいの処方銭』の記事で紹介されました。
2012.12.28
【雑誌】主婦の友社「ゆうゆう」2月号『実家のたたみ方』の記事で紹介されました。
2012.11.22
【新聞】読売新聞朝刊『実家をたたむ』の記事で紹介されました。
代表挨拶

当事務所ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私どもはトップページでご案内のとおり主要業務の一つとして「東京で地方・田舎の不動産問題を取り扱う」ことを掲げております。これは私自身がこの問題で苦労した経験を踏まえ、当事務所のオリジナルサービスとして提供させていただいております。

現在、東京都内だけで3500人近くの司法書士が登録し業務を行っておりますが、私どもでは他と違ったサービスを提供することによりお客様に喜んでいただけることを目指し、このサービスを始めるに至りました。

私どもがお手伝いさせていただく"田舎の相続問題"はかつての戸主を筆頭とする家制度の時代に亡くなられた方の相続が済んでいない案件も多々ございます。このように不動産の遺産分割が済んでいない場合は親子間だけでなく数世代前に遡り遠い親戚との協議が必要になるなど大変難しい問題でもあります。そこに我々専門家がアドバイスをすることにより手続きがスムーズに行えるようお手伝いすることが、我々に課された使命であるとも考えております。

昨今では親なき後の兄弟間での遺産分割がまとまらず、家庭裁判所を利用するケースが増えてきております。まずは故郷に残した不動産のことを思い出していただき、手続きをして手放すものと、次の代へ引き継ぐものを考えていただくことも必要かと存じます。依頼人様それぞれのご事情に応じて私どもがそのお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

リーガルアクセスでは、独自のサービスでお客様に満足していただけるよう日々努力をして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

リーガルアクセス司法書士事務所 代表司法書士 辻村潤

代表略歴
2000年3月
自由学園卒業
~2003年4月
都内出版社に勤務(司法書士試験受験のため退職)
2006年
司法書士試験合格
2008年4月
司法書士登録
2009年8月
3年間の司法書士事務所での勤務を経て渋谷にリーガルアクセス司法書士事務所を開設

趣味は旅行
中学・高校時代は自転車旅行で全国を走り、学生時代は"バックパッカー"と呼ばれるリュックを背負って旅をするスタイルで、50カ国近い国を巡った経験を持っています。
海外へ行くきっかっけとなったのは、テレビや新聞のニュースで見た"その"場所(歴史の舞台)を自分の目で見てみたかったから。東西冷戦後の東欧やバルト三国をはじめ、旧ユーゴスラヴィア諸国やアジア、アフリカを旅しました。

お問い合わせ